精神科とは違うの?

心療内科と精神科の大きな違いは特にない

心療内科も精神科も、いわゆる「心の病気」を取り扱う医療機関で、特にこれといった大きな違いはありません。 ですが、心療内科の場合はストレスによる胃の痛み、頭痛、体調不良などといった「心身症」と呼ばれる病気になった時に行く場合が多いです。 一方、精神科の場合、統合失調症やうつ病などといった精神病になったと思った時にかかることが多いです。また、精神病だけではなく先天性脳機能障害であるとされる発達障害や、認知症を診てくれる病院もあります。他にも、てんかんの有無を調べてくれるところもあります。 どちらも、医者あるいはカウンセラーに話を聞いてもらい、病気の状態に合わせて薬を処方したり認知療法という治療法を行ったりして気持ちを楽にしてくれます。そして、最近では「メンタルクリニック」という呼び方をする病院も増えてきました。

どの病院に受診するかは、その時の様子で考えよう

精神科に行くと良いのか、あるいは心療内科に行った方が良いのか。それは、その時の状況で考えて受診するのが良いでしょう。 例えば、最近胃痛が酷くなり、胃薬を飲んでも治らない。内科にかかっても特に異常は見られなかった。そういう場合、精神科ではなく心療内科の方が良いかもしれません。病院で話を聞いてもらい、心がすっとして悩まされていた症状が改善する可能性があります。 また、それぞれの病気や障害の専門分野がある病院もあります。ここ最近では、発達障害専門のメンタルクリニックが増えてきました。例えば、日頃からなくし物や忘れ物が多かったり、人とうまくコミュニケーションが取れなかったりして悩んでいる人はそのようなクリニックに通うと良いかもしれません。