心療内科が対象とする症状

こんな症状が現れたら…。

心療内科とは、日々のストレスなど「こころ」が原因で、体に不調が現れたときに治療を行う診療科です。
例えば、ストレスを原因とする胃潰瘍、頭痛、狭心症、自律神経失調症、腹痛などが、心療内科での治療の対象となります。

ストレスの多い日々を過ごしていると、頭痛や胃腸の痛み、下痢、めまい、胸の痛みや高血圧などが起こりやすくなります。
内科等は、これらの体に現れる症状に応じた治療を行いますが、これらの症状を引き起こすストレスを改善しなければ、いったん症状が治まっても、再び繰り返すおそれがあります。

これらの症状が現れたとき、体の不調の改善とともに、原因となるストレスを和らげ、取り除くためにあるのが、心療内科なのです。

心療内科と精神科の違いは?

心療内科を受診しようと病院を調べてみると、心療内科と精神科が出てきます。 ここでは、心療内科と精神科はどう違うのかについて、説明します。 心療内科は、先ほど述べたように、「こころ」を原因としたさまざまな「体」の症状が対象ですが、精神科は、「こころ」が原因となる「こころ」の症状が、診察の対象となります。 例えば、不眠、うつ、突然大きな不安感や恐怖感に見舞われるパニック障害や、人との関わりや外に出ることに対して強い不安を感じてしまう、社交不安障害などが対象です。 しかし、心療内科と精神科の両方を標榜する医療機関もあり、こころと体、両方の症状に対応している病院も多数あります。 その場合は、こころと体のどちらの悩みを相談しても良いでしょう。